新宿区で多重債務と借金の相談を弁護士と司法書士へ

新宿区在住の人が借金の悩み相談するならココ!

借金の督促

借金の金額が多すぎて返済が苦しい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理したい…。
もしもそう考えているなら、すぐに弁護士や司法書士に相談しましょう。
司法書士や弁護士が探してくれる解決策で、月々の返済が減額したり、督促がSTOPしたり、などという様々なメリットを受けられる可能性があります。
最近ではネットで無料相談を受け付けてくれる法律事務所・法務事務所もたくさんあります。
ここではそれらの中で、新宿区に対応している、オススメの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
また、新宿区の地元の法律事務所や法務事務所もいくつかピックアップしているので、それらも参考にしてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士や司法書士の知識や知恵を借り、解決への糸口を探しましょう!

借金・多重債務の相談を新宿区の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

新宿区の債務・借金返済解決の相談なら、ここがオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が無料だから、現在の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いも可能。
相談料金ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPすることも可能。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、借金・債務のことを無料相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談を受け付けてくれるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や過払いの問題が相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、自分にピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、おトクに解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

新宿区に住んでいる人が債務整理や借金の相談をするなら、まずコレもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットを使った借金の診断ツール。
とてもカンタンな3つの質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、新宿区に住んでいる人も安心です。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金問題を解決する第一歩として、無料診断ツール、試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



他の新宿区周辺の弁護士や司法書士の事務所を紹介

他にも新宿区にはいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●東京新宿法律事務所
東京都新宿区新宿2-5-10
03-5919-2760
http://shinjuku-law.net

●内藤新宿法律事務所
東京都新宿区新宿1丁目31-3 ダイアパレス新宿1丁目220
03-6457-4671
http://nsbengo.com

●弁護士法人泉総合法律事務所 新宿支店
東京都渋谷区代々木2丁目6-9 第2田中ビル4階
03-5365-7025
http://springs-law-shinjuku.com

●東京司法書士会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 2F
03-3353-9191
http://tokyokai.jp

●西新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿3丁目5-3
03-5908-4858
http://nishi-shinjuku-law.com

●竹下司法書士事務所
東京都新宿区舟町1-12 MKビル 7F
03-3359-9841
take-law.net

●リリーフ(司法書士法人)
東京都新宿区四谷2丁目9
0120-428-001
http://reliefer.jp

●藤沢司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目23-10
03-3366-5335

●司法書士法人JOネットワーク | 登記 供託 相続 会社設立 起業
東京都新宿区 新小川町5-1 ニューリバー51ビル4F
03-3269-9180
http://jo-net.or.jp

●諏訪司法書士事務所
東京都新宿区三栄町7番地3
03-5363-8970
http://office-suwa.jp

●新宿法律事務所
東京都新宿区西新宿1丁目19-6 山手新宿ビル 9F
03-3343-3984
http://shinjuku-law.com

●日本司法書士会連合会
東京都新宿区本塩町9-3 司法書士会館 3F
03-3359-4171
http://shiho-shoshi.or.jp

●司法書士たかやま事務所
東京都新宿区新宿4-3-15 レイフラット新宿 レイフラット新宿6F
03-5363-7466
http://takayama-office.com

●小野寺事務所
東京都新宿区西新宿8丁目5-3
03-3363-6621
http://sogo.onodera-office.net

●米川司法書士事務所
東京都新宿区百人町1丁目17-6
03-3362-7990

新宿区にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットでの無料相談の方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金の返済、新宿区に住んでいてなぜこうなった

クレジットカード会社やキャッシング会社等からの借入れ金で困っている人は、きっと高額な利子に参っているかもしれません。
借金をしてしまったのは自分なので、自分の責任だから仕方ないでしょう。
ですが、複数のキャッシング会社やクレジットカード会社から借金していると、金額が大きくなり、とてもじゃないけど完済できなくなってしまうでしょう。
月ごとの返済金では金利しかし払えていない、というような状態の方もいると思います。
こうなってしまうと、自分1人で借金をキレイにするのはほぼ不可能と言っていいでしょう。
借金を清算するため、はやめに司法書士・弁護士に相談するべきです。
どうすれば今ある借金を完済できるか、借金を減らすことができるか、過払い金は発生していないか、等、弁護士や司法書士の知恵をかしてもらいましょう。
借金・お金の問題の解決は、相談することから始まります。

新宿区/借金の減額請求とは?|多重債務

多重債務等で、借金の支払いが困難な状態に至った場合に効果的なやり方のひとつが、任意整理です。
現在の借入れの状況を再度チェックし、以前に利息の支払いすぎなどがあったなら、それらを請求する、又は現在の借入と差引して、なおかつ今現在の借入れについて将来の金利を減額してもらえるよう相談できる進め方です。
只、借入れしていた元金においては、必ず返金をするという事が基礎となり、利子が少なくなった分だけ、以前よりもっと短期間での返済が条件となってきます。
ただ、利息を支払わなくてよいかわり、毎月の返金金額は減るから、負担が減少すると言うのが一般的です。
ただ、借金をしている信販会社などの金融業者がこの今後の利息についての減額請求に応じてくれないと、任意整理は不可能です。
弁護士の先生に相談したら、間違いなく減額請求が通ると考える人もいるかもしれないが、対処は業者によって様々であって、応じない業者も有ります。
只、減額請求に応じない業者はごく少数なのです。
ですから、実際に任意整理をやって、クレジット会社などの金融業者に減額請求を実施すると言うことで、借金の心配事が大分無くなると言う方は少なくないでしょう。
実際に任意整理が可能か、どのぐらい、借入れの払戻が減るか等は、先ず弁護士の方などその分野に詳しい人に相談するということがお勧めなのです。

新宿区|自己破産にはどんなリスクがあるの?/多重債務

率直に言って世の中で言われるほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。土地や高価な車やマイホーム等高価格のものは処分されるのですが、生活する中で必ずいるものは処分されません。
又二〇万円以下の預貯金は持っていても問題ないのです。それと当面の間の数箇月分の生活に必要な費用が百万円未満ならとられる事は無いでしょう。
官報に破産者の名簿として記載されるがこれもごく一定の人しか見てないのです。
又世に言うブラックリストに記載されしまって7年間ぐらいの間ローン、キャッシングが使用不可能な状態になるでしょうが、これは致し方無いことでしょう。
あと定められた職につけなくなることも有るのです。しかしこれも極一定の限られた範囲の職種なのです。
したがって債務超過で返すことができない借金を抱えこんでいるのであれば自己破産を実施すると言うのも1つの手段です。自己破産を行えば今までの借金が全てチャラになり、新しい人生を始めるということでよい点の方がより多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として弁護士や税理士や公認会計士や司法書士などの資格は取り消しされます。私法上の資格制限として保証人や後見人や遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役等にもなれないです。しかしながらこれらのリスクはおよそ関係が無い時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物ではないはずです。